前田建築設計室 一覧に戻る
画像00 計画案003
敷地の幅員や建ぺい率など敷地の条件により、軒を出すことが
できない場合の計画です。外観は屋根と外壁を鋼板材で仕上げ
将来のメンテナンスの容易さを考慮しました。2階バルコニー
と1階縁側には木製竪格子戸を設けました。バルコニーなどの
軒下となる外壁部には木材を表しにした仕上げとしています。
木材と金属は素材の生成り感を活かして使うことで対比しつつ
も調和して落ち着いた雰囲気の外観をつくりだしています。
画像01 画像02 画像03 画像04
画像05 画像06 画像07 画像08